花粉症|さいたま市南区の耳鼻科 とくまる耳鼻咽喉科

なんでも相談できる皆様のかかりつけ医
  • logoicon
  • アクセス
  • とくまる耳鼻咽喉科
  • 0488383387
    月~金9:00~12:30 15:00~18:30 土9:00~13:00水曜午後、土曜午後、日曜、祝日休診日
  • 順番予約はこちら順番予約はこちら。

花粉症

花粉症

アレルギー性鼻炎はスギやヒノキ、イネ科などの花粉が原因(アレルゲン)となる“季節性アレルギー性鼻炎”とダニ(死骸や糞)やホコリ、カビ、ペットの毛などのハウスダスト、カビなどが原因(アレルゲン)となる“通年性アレルギー性鼻炎”があります。症状は主にくしゃみ・鼻水・鼻づまりがあります。ここでは花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)について説明します。

image

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の原因

季節性アレルギー性鼻炎の代表は花粉症です。花粉が飛散する季節のみ症状が現れます。スギ花粉が一番有名ですが、花粉症を引き起こすアレルギーの原因物質(アレルゲン)は多種多様にあり、人によって異なります。

季節性アレルギー性鼻炎の原因となる花粉と時期

image

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の症状

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の3大症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまりです。アレルギーの原因物質(アレルゲン)が鼻の粘膜に付着すると、アレルギー反応が起こり、くしゃみ・鼻水・鼻づまりといった症状が起こります。

アレルギー性鼻炎と鼻かぜとの違い
花粉、ハウスダストなどのアレルギー性鼻炎 鼻かぜ
鼻の症状
  • 透明でサラッとした鼻水
  • 鼻づまり
  • 連続するくしゃみ
  • 最初は透明でサラッとした鼻みずからネバネバした黄色い鼻水に変わる
  • 鼻づまり
  • くしゃみ
鼻以外の症状
  • 目の症状

    目のかゆみ、充血、涙目、結膜炎
  • その他の症状

    関節などの皮膚のかゆみ、のどのかゆみ、喘息の悪化(咳や痰、喘鳴、息苦しさ)
  • のどの痛み
  • せき
  • たん
  • 頭痛
  • 寒気
発熱 なし あり
症状の発現期間 季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)

花粉飛散期のみ

通年性アレルギー性鼻炎

1年中
数日
1日の症状の変化 起床時にくしゃみや鼻水の症状がつらい(モーニングアタック) 1日中変わらない

花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)の治療法

  1. 初期療法

    花粉が飛散する直前や花粉飛散予測日から抗アレルギー薬や点鼻スプレーの使用を開始する治療法です。初期療法をすることで①症状の出始めが遅くなる②花粉飛散ピーク時の症状が軽減する③症状の終了が早くなります。そのシーズンの花粉症の症状を軽減でき、発現期間が短くなるというメリットがあり、当院がおすすめする治療法の一つです。
  2. 投薬療法

    花粉飛散後に抗アレルギー薬の内服薬や点鼻スプレーなどで症状をおさえます。ほとんどの花粉症の方がこの治療法を行っています。薬の種類によっては眠気や口の乾きなどの副作用が強くあらわれますので、お飲みの薬を変更されたい時はご相談ください。
  3. レーザー治療

    鼻の粘膜に微弱のレーザーを照射して、粘膜を変性させ、粘膜上でアレルギー反応が起こりにくくします。治療時間そのものは10分~30分程度で麻酔を含めても45分程度で終わります。出血や痛みなどもほとんどなく、とても安全な治療法です。

  4. 舌下免疫療法(スギ花粉)

    スギ花粉症の原因物質(アレルゲン)であるスギ花粉のエキスを含む薬液を毎日舌下から体内に投与することで、スギに対する免疫をつけ、アレルギー症状を和らげる治療法です。徐々に増やすことにより、体をスギ花粉に慣れさせる治療法で、最低でも2、3年かけて体質の改善を図る必要性があります。

ページトップへ

順番予約はこちら順番予約はこちら